忍者ブログ
お酒と趣味と同人と。 「ぶんがくさけざけかいどうをゆく」と酔みます。違った、読みます。 since2008/5/31
 
09月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
08月
10月
 
28 27 26 25 24 23 22 21 20 19 18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09848116.jpeg食料品の買出しに行ったら、まさかのコエド発見ですよ。
通販で買おうと思っていた矢先だったのでうれしいうれしい。
こう、じわじわと「呑みたい」って感覚がくるのですよ。このビール。
あと、自分のやりたいと思っていた事がなんとなくこれなんだなぁ、と言う感覚の端をつかみました。
まさか駄菓子コーナーで閃くとはおもわなんだ。

夕飯はカレー。
今回はちょっと美味しくできたのでレシピなど。

■ベル特製まろやカレー

:材料(約4食分)
・バター
・たまねぎ×1(大雑把にザク切り)
・にんじん×1(適当に小さめザク切り)
・ジャガイモ×3(一口くらいの大きさで適当に)
・牛肉(シチュー用とか表示のある適当に柔らかそうなの)
・ヨーグルト1箱(今回は低糖タイプを使用。砂糖のついてないヤツ)
・コンソメ×1
・ローリエ×3枚
・バーモントカレー甘口半パック+中辛半パックの1/3(カロリーメイト1本くらいの大きさ)。

:調理

下準備・牛肉をヨーグルトに浸しておく。効果があるか微妙だがめんどくさいのでローリエ3枚もここで入れてしまう。(時間にして理想は半日ほど、現実的にめんどくさいので10分くらい)

ヨーグルト効能:肉が柔らかくなる。

1・
油をひいてたまねぎをバターを加え炒める。
その後頃合を見てにんじんを投下し更に炒める。
ほんのちょっと味塩こしょうをパラッと調味。

2・
全体にしんなり飴色になったら、そこにヨーグルト漬け肉を盛大に投下。
最初のうちはなんとなくイヤな香りがするものの、煮詰まってくると結構いい香りに。
肉は炒めると言うよりも煮ると言う感じ。
肉の赤身が取れて、だいぶいい香りがしてきたら(この時点でとんこつスープっぽい色合いになってるはず)
ジャガイモを投下して、よく火を通す感じで適度にかき混ぜつつぐつぐつ煮る。
これでルーいれれば完成してもいいやん?って言う感じの見た目と香りになってくるので、その3へ

3・
お湯を入れる(水でもいいんだけど、めんどくさいのでお湯を平行して用意)
ぐつぐつ煮る。アクが浮いてくるので出来るだけ取る。割と出てくるので、お湯は気持ち多目のがいいかも。それでも後から足すことになるんだけども。
その2の段階でだいぶ素材が柔らかくなっているので、アクが落ち着いてしばらくしたら火を消して、ルーをパキパキ割って全部投下。
溶けたら火を弱火に入れて焦げないように混ぜなじませる。場合によってはこの段階でかなりカレーの粘度があるので、さっきのお湯の残りを適時いれて、お店とかで普段食べてるカレーのとろーり具合に見た目を調整する。

4・
完成。ビールを呑みつつはふはふうまうま。

目安時間:最初から最後まで1時間ほど
ちなみにローリエは最後まで抜かない。食べてる最中に引っこ抜こう。

明日の夕飯が決まっていない方、是非是非。
PR
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
 
PRODUCED BY SHINOBI.JP
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
rondo bell
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析